ホワイトニングできない人がいる

病気になっている人

基本的に歯茎が腫れている時は、ホワイトニングができません。
そのような時にホワイトニングの薬剤を使うと、余計に腫れるなど症状が悪化する危険性があります。
特に虫歯や歯周病を患っている時に歯茎が腫れやすいので、疾患を治療してからホワイトニングを行いましょう。

歯に汚れが溜まっている時は、ホワイトニングをしても効果を得にくいと言われています。
歯の汚れがひどく歯垢や歯石が溜まっていると医師に言われた人は、ホワイトニングをする前にクリーニングをしてもらってください。
歯医者で行うクリーニングは、専用の器具を使います。
歯ブラシでは落とすことができないこびりついた汚れまで綺麗に落とした上で、ホワイトニングを体験できます。

身体に負担を与えないように注意しよう

妊娠している女性や、授乳している女性はホワイトニングを避けた方が良いと言われています。
ホワイトニングで使う薬剤が赤ちゃんに悪影響を与えるかもしれないので、妊娠の期間が終わってから受けてください。
未成年ではホワイトニングを受け付けていない歯医者が多いようです。
事前に何歳から受けられるのか、詳しく調べておきましょう。

また着色汚れではなく生まれつき歯が黄ばんでいたり、歯の神経が死んでいる状態で黒ずんでいたりする人は、効果を感じられない可能性があります。
その場合は通常のホワイトニングではなく、セラミック治療を受けましょう。
通常のホワイトニングよりも料金は高くなりますが、セラミック治療なら白い歯を入手できると思います。


B!