特に目立つ前歯を綺麗にする

前歯だけホワイトニングを受けられるので、前歯の着色汚れが気になる人は体験することをおすすめします。
普通に歯を磨いても、白く綺麗にはなりません。
着色汚れを落とすためには歯医者や自宅で、きちんとホワイトニングをしなければいけないと覚えておきましょう。
歯医者で行う方法をオフィスホワイトニング、自宅で行う方法をホームホワイトニングと言います。
どちらにどのようなメリットがあるのか、詳しく調べましょう。

ホワイトニングの注意点は、虫歯や歯周病になっている人は受けられないという部分です。
虫歯や歯周病になっている人は歯茎が腫れており、ホワイトニングの薬剤が触れるとさらに症状が悪化する危険性があります。
今すぐ歯を白くしたいと思っていても、先に病気の治療から取り組んでください。
もちろん病気が完治すれば、ホワイトニングができます。
歯が汚れている人は効果を発揮しやすくなるよう、クリーニングを受けてからホワイトニングに進みましょう。
歯科では強力な薬剤を使うので妊娠中の人や、子供はおすすめされていません。

効果を長持ちさせるために、ホワイトニングをした直後は着色汚れが付きやすい飲食物を控えてください。
ホワイトニングを行った当日から普通に歯磨きができますが、強く歯を擦ると、ホワイトニングの効果が失われやすいと覚えておきましょう。
優しく磨いて、綺麗な状態を維持してください。
また研磨剤が含まれる歯磨き粉を使うと、痛みを感じる恐れがあるので控えましょう。